痛生活

パソコン、家電、ITなど2次元美少女生活を楽しく過ごすためのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日、メールを確認したらこんなメールが届いていた

Amazon.co.jp ご注文の確認 ご購入ありがとうございます。購入したKindle本はクラウドに保存され、コンテンツと端末の管理から確認できます。

【Kindle 間違って購入した時のキャンセル方法、返金 1click無効設定することはできないのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

スターレジェンド10連ガチャ開催

グラブルで2015年12月26日からスターレジェンド10連ガチャが開催されていたので、 始めたばかりの私はSSRを確定でもらえるので引くしかなかった。

グラブル スターレジェンド10連ガチャ 画像1
【【グラブル】スターレジェンド10連ガチャを引いた結果 闇属性キャラ解放武器出現率UP時】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
グラブル リセマラ 画像8

グラブルでリセマラをしているとき、なかなかSSRが出てこず「本当にこのやり方で合っているのか」不安になる人もいるでしょう。そこで、SSRが出るまでの戦いをここに記していきたいと思います。リセマラをしている人へ少しでも勇気を与えることができればいいと思っています。

【【グラブル リセマラ】ガチャで当たりが出るまで引いてみた結果 その回数、確率は!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

FC2ブログが突然の凍結

FC2ブログが12月8日から9日までに大量のアカウントが凍結され、消滅しているもよう。 私がいつも見ているブログも例の凍結ページが表示され何故か突然見ることができなくなってしまった。

FC2ブログ このページの表示は許可されていません

【FC2ブログが突然の凍結 原因はキーワードの誤検出 しかしこれは怖い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

グランブルーファンタジー始めました

今までやってきたスマホゲーは主にパズドラとラブライブだけでした。両方共初期の頃から始めていたのでラブライブは飽きて現在全然触ってないです。

グランブルーファンタジー 画像
【【グラブル】 リセマラの方法 効率を考えたブラウザ最短攻略法も解説】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2次創作は非親告罪化の対象外に 文化審議会の小委員会、方向性まとまる
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で著作権侵害の一部を非親告罪とすることで合意したのを受け、 文部科学相の諮問機関・文化審議会 著作権分科会の小委員会は11月4日、同人誌などに代表される 2次創作は非親告罪化に含めない方向で議論を進めることでまとまった。
【これで安心!著作権TPP非親告罪化同人誌などは対象外に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonプライムデー時に販売されていた、ゲーミングPCデスクトップとノートが再販されていた

アマゾンプライムデーの目玉商品とも言えたあのパソコンがなんと ご購入者様のキャンセルにより、 お客様のお手元にお届けすることができませんでしたとのことで再販をこっそり。

【100万円ゲーミングPCデスクトップとノートがなんと再販! Amazonプライムデー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットを通じて海外から日本の消費者が有料の電子書籍や音楽の配信を受ける際、10月1日から消費税が課税されるようになる。 非課税だった海外企業にも納税を義務付けて国内企業と同じ扱いにして、国内外の企業間の不公平を是正する狙いがある。半面、配信価格に消費税が課されることで、消費者の負担は重くなる。
こちらに全文ありますhttp://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150929_723107.html
【10月1日よりAmazonなど海外からのネット販売に消費税が課されることを知っているだろうか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeは2015年末までに有料化へ

まずサービスは閲覧回数の高いコンテンツの製作者に向けられるもの。閲覧回数の高い動画の製作者は、有料登録を済ませたユーザーのみ、動画にアクセスできるようにする。 このほか、こうした動画製作者は、YouTubeが動画閲覧の登録者から受け取った資金から一定のパーセントを受け取れる。こうすることで動画製作者も広告費ではなく、閲覧者から直接的に収入を得られるようになる。

【YouTubeが有料化へ ユーチューバーにとっては朗報か YouTubeのねらいを考える】の続きを読む

このページのトップヘ